House in Kishiwada

2008

​大阪で全面改修の依頼を受けました。当時から開口部や人が感じる距離感に興味がありました。大きな開口部をデザインした場合、その多くが外へ開いた設計を行っていると感じますが、生活が始まると結局カーテンやブラインドといった装置で閉じた生活を行っている場合が多く外部から見ても閉じた印象となっていて解放感が半減しているように見えることに疑問を感じていました。ここでは限られた面積と高さの誓約の中で広々と適度な距離感で尚且つ、外に向かって内側から開いた空間の提案を意識しました。外部格子スクリーンの設置を前提とした計画です。道路向いの住宅群や、2階部分の窓配置を意識しながら開口部を慎重に整えました。遮光のためとクライアントの抵抗に対処してスクリーンは付けましたが閉じて生活している所をあまりみなかった事に、ちょっと成功したかなぁ、と感じた事を思い出します。長い年月が過ぎましたが本当に綺麗に使用して頂いており感謝しかありません。