House in Ainan

2014.completion

​閉じながら開くということ

都市型住宅で最近よく見られる建物を外部へ開くという考え(コミュニティの再構築など)に興味と疑問を持っていました。プライバシーに関して考えて見ると、都市部の住環境に於けるプライバシーと田舎の住環境に於けるプライバシーを同義として捉えることは違います。つまり田舎に於けるコミュニティと都市部に於けるコミュニティには大きな違いがあることから、干渉という事をひとつとっても田舎はより多くの干渉を受けていると言えるのではないでしょうか。この事が悪い訳ではありませんし良い事の方が多いでしょう。しかし依頼主の要望をまとめると、予算内で明るく、風が抜け、何よりプライバシーを考慮して欲しいという内容だったのです。田舎の垣根を利用した敷地全体の囲いによる視線の消去はこの事を象徴しています。この事から計画では地面に近い部分・道路に近い部分に関しては徹底して閉じる事で期待に応える事にしました。しかし田舎の穏やかさも表現したいと考え、稜線や空へ向かって開放的な演出とする事で閉塞感を緩和させる事を試みました。開口部は意匠と機能を探り、光と風を適切に内部へ呼び込めるよう計画し、距離感を意識しながら各領域を調整、玄関、応接を兼ねた土間空間を一体として設置し壁ではなく天井を貼ることで領域を明確にしました。ここでは広間を中心に生活は営まれ、余白を視線に含みながら土間、デッキ、バックヤードを通して畑、大地へ近づいていくのです。つまり閉じながら開いたのです。

機能としては、田舎の過酷な自然環境に充分対応出来るよう、1階の大開口部には台風に備えプライバシーも考慮した外部格子戸(雨戸)を設置し、外壁材の選択は虫やコケなどと言った自然要素に対して昔から実績のある、厚みをもった地場の杉板を選択し経年劣化と共に味わいが出る事に期待をよせました。全体として既製品を大部分に採用する事でコストコントロールに努め、その中でも特注の使い方を考察する事で空間の質を高める事に成功したと言えるのではないでしょうか。施工体制は分離とし、地場の職人群でお互いの協力と絆を養う形で進行していく事を主目的とし予算挑戦にも付加しました。建主は毎日進捗を確認していくなかで愛着を深めたに違いないでしょう。

生活開始後に建主からは、夏は涼しいく過ごせ、冬は日の光が部屋中に行き渡り暖かく、凄く快適との言葉をもらい、本当に安堵したことを思い出しました。